Windows10

Windows7のサポートの期限が2020年1月14日に迫っているということで、新しくPCをいれかえたり、PC への Windows 10 のインストールをご希望ですか? というところからアップグレードのツールをダウンロードしてインストールする人もいるかと思います。

ただ、この場合SMB1.0やTLS1.0のサポートが既にされていないことで、ネットワーク内のNASや他のコンピュータが見えなくなったり、古いソフトでインターネットのサーバーと通信出来なくなったりと問題も出てきます。

これもみんな同じ方法で解決できるかというと、そのパソコンのWindows10のバージョンや、アップグレードしたWindows7の環境によりその度に違ってくるのが困ったものです。

TLSの問題では、WindowsLiveWriterがそのままでは使えず、Netframework3.5のTLS1.2対応バージョンの設定が必要になりますが、それが普通に解決する場合となぜかうまくいかない場合があり、他の同様のソフトも同じ機能があるものがなかなかなく困っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください