「感染拡大要警戒」 カタカナが消えた

7月3日、新たに124人の新型コロナウイルス感染者が確認された東京都。昨日の107人を超え、緊急事態宣言解除後の最多を更新することとなった。

情報源: 新型コロナ要警戒 東京で124人新規感染…夜の街クラスター「感染防止大会」が“密”だと疑問の声も(FNNプライムオンライン) – Yahoo!ニュース

このまま都知事選を乗り越そうという感じなのでしょうか、特に何の指示もなく、若い人が夜の街に気をつけてと言い続けています。
やはり感染の再拡大への対応はまだまとまっていなかったようです。まずクラスタ発生とされた個別店舗の営業停止と関係者の全員のPCR検査などの対応や、同業店の少なくとも立ち入り検査と指導という方法ぐらい準備出来ていなかったのでしょうか。

それと英語好きだった知事からカタカナだけでなくひらがなも消え漢字だけになったのは何か意味があるのか、そして大雨と地震がそっと近づいて来ている感じも不気味です。

梅雨にジメジメから真夏に

まだ梅雨が明けたという話はなく、大雨の情報が出ている今週ですが、その後には真夏がやってきます。
今年も間違いなく猛暑日はやってきますし、ウィルスのため換気に気をつかいながらエアコンを使う状態になりそうです。
そこで、熱中症対策として、部屋の状態を数字で把握して対応していくために温度計やサーキュレータさらに緊急時にも効果を発揮するだろう冷却パックをご用意ください。

東京のコロナ、広島の買収と問題は多いですが自分のまわりで出来ることをやってこの夏を過ごしましょう。

さらに
注文コード 6606-6477 フェイスシールド FS-350
など新商品も追加されましたので、@オフィスにログインして御覧ください

手越祐也と安倍昭恵夫人“無敵”

ダメを繰り返す手越とアッキー
「手越の退所が早まったのも、もとはといえば緊急事態宣言下における2度の“夜遊び”が報じられたから。なぜ、“ダメ”と言われたことを繰り返すのか不思議でなりませんでした。一方のアッキーも、花見で批判された後にもかかわらず“時間ができたから”と、大分旅行に出かけたのです。
手越の脳は「神の領域」にあり、“たとえ失敗しても間違えても、あくまでも自分が神様で世界の中心にいるので、それは失敗や間違いにはならない”というメンタル構造なのだとか。「なるほど、強メンタルのアッキーも手越と同じ脳の構造なのかもしれませんね。すると自粛期間中に、それでも一般の方々の目を気にせずに集まった花見会は“神々の集い”だったのでしょう。」

手越祐也と安倍昭恵夫人、“無敵”のワケを脳科学が分析「メンタルは神の領域」(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

神々の集いだったら、疫病退散祈願でもやってもらいたかったところです。しかしそうではなく神々のつながりなのか、手越の記者会見に同席した弁護士はあのカルロス・ゴーンの作業員コスプレ仮釈放に関係した大物だったようです。
このように見るとやはり日本国内にも自分たちは神で間違ったことはしていないと思う人達の集団は存在するようです。
さあ今後この人達はどのような行動を庶民に見せてくれるのでしょうか

第2波? 第1波は収束していない

急激に感染者が増加する『第2波』の状況ではないという見解を専門家からもらっている

小池氏「第2波ではない」 警戒の中、コロナとの共存へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

第1波が終わったという話がない、ただ経済のためこのぐらいならという判断で緊急事態宣言等が解除されただけで、国全体・東京都では感染者0の日は続いたことはないのです。

そしてこの後、お盆の帰省でいままで感染者の少なかった地方で大きな感染がでるかもしれないし、秋以降の寒くなったときに再度感染爆発がやってくるかもしれない。それまでに治療薬の選定やワクチン開発が進んでいないとまた活動自粛がやってきます。Withコロナもいいですが、現状の最良の戦い方を素早く更新して対策していきたいものですが、政府はウィルス以外の問題多発でまた対応が遅れそうなので心配です

日名沢川に今年も蛍

日名沢川に蛍が先週から飛び始めています。場所は
https://k.river.go.jp/?zm=15&clat=36.46300415580229&clon=138.1910562515259&t=0&dobs=1&drvr=1&dtv=1&dtmobs=1&dtmtv=1 の日名沢川のカメラでライブで見れるのですが、なかなか蛍の光は写りません。この場所は昨年の台風時には氾濫一歩手前まで増水し蛍も流されたのではと思いましたが大丈夫だったようです。

来週28日には川の草刈りも予定されていますので、その後はどうなるかわかりませんが、最近の農薬散布の減少などから蛍やカブトエビ、タニシ、ドジョウなど多く見られるようになりました。どうやって何年もの間どこかでしのいでいて復活するその生命力はすごいです。