国が優先供給した消毒液「濃度低い」「医療用に使えない」そんな中転売屋が儲けた後の転売禁止

 1リットル当たり2000円の価格差があったが、医療機関側は製品を選べず、返品もできなかった。厚労省などには「濃度が低い」「詐欺ではないか」という苦情が相次ぎ、受け取りを拒否する医療機関もあった。 厚労省の担当者は「緊急対応なので価格や濃度に差があることを自治体や医師会を通じて知らせたが、十分に伝わっていなかった」と話している。

国が優先供給した消毒液「濃度低い」「医療用に使えない」と苦情…医療機関側が製品選べず(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

知らせたが伝わっていなかったは、受診とPCR検査 の目安 のときにダメだって言ったのにまだこんなことを言っている 厚労省の担当者 はいらない。
そして訳もわからず消毒液等を確保して現場で使えない、市場には無くなる状態を発生させ、転売屋が1ヶ月以上も荒稼ぎした後、今日から転売禁止になるというここでもおそまつな対応になっています。
やはり自分たちでは出来ないというところを自覚して流通や経済は専門にまかせるということを学んでもらいたいもものです。

黒川氏辞任・訓告「もういい加減にしてもらいたい」

 自民党の石破茂元幹事長が22日、ブログを更新。東京高検の黒川弘務検事長が外出自粛期間中に新聞記者と賭けマージャンし、辞任し、訓告処分にとどまったことについて、「このままでは政治に対する不信は高まるばかりです。正直言って『もういい加減にしてもらいたい』との思いが募ります。」と憤りをつづった。

石破氏 黒川氏辞任・訓告に「もういい加減にしてもらいたい」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

法相の 進退伺 にも 強く慰留されたとか、アベノマスクでマスクの流通が良くなったとか本当に何の反省もする気のない人達の集まりです。何でこれを追いつめることができないのでしょう、そんなにまわりは力がないのか、今なら国民の声を束ねることができれば可能だと思うのですが、それができる人が出てきていないようです。
このまま経済優先で自粛解除になると、また今の政府では医療体制の見直しなど後回しにされてこの秋・冬にまたコロナ大感染ということにもなりそうで怖いです。

やっぱり マイナンバーは場当たりでした

千曲川のアカシアが美味しい蜂蜜になるのかも

「マイナポータルでは打ち間違いなどに対してエラーは出ず、何を書いても申請できる仕様となっています」 
「口座情報などの添付書類についても、どんな画像データでもアップロード可能です」
「同じ人が何度でも申請可能な仕様になっており、もっと言えば、世帯人員に何人でも書くことができます」

10万円給付なぜ遅い? 四条畷市長が明かした8000文字noteに反響…「ひどい」「本当にお疲れ様です」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

マイナンバーを使っての申請は350件/日 郵送の申請は3000件/日処理できるという情報も出てきて、やっぱり思いつきはマイナス面が大きいと思っていたら、今度は銀行口座をマイナンバーに紐付けすると言い始めました。一気に個人情報をマイナンバーで管理する方向に給付金を理由に持っていこうとするのでしょうか。
本当にどうにかして欲しい与党さんです。

検品費は8億から800万円未満 

「8億円」には、全世帯に配布するマスクなどの検品費も含まれており、妊婦向けマスクに限ると、検品費は800万円未満だったという。

検品費は「800万円未満」 妊婦用布マスクで修正 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース

厚労省の数字が信じられない。アベノマスクのコスト、今回の何故税金を使って検品しなきゃいけないのかもおかしいのにコストが8億だとか800万だとか、今収入が減って困っている人が多いのにめちゃくちゃです。
こんな数字ばかり出すから、感染者数や死亡者数、PCR検査数、陽性率、“抗体検査”東京で0.6%陽性率などが信じられない。
また経済回復先行で操作しているなんてことも疑ってしまいますが、そんなこともできないほど数字に弱いのかもしれません。
そんなあやふやな数字をもとに緊急事態宣言が多くの県で解除されましたが、また来週になって実はという数字が出てくるなんてことがないことを祈ります。

長野県内の感染者76人に…緊急事態解除大丈夫

昭和橋と北アルプス

4日ぶりに新たな感染者です。長野市の50代男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。長野県内76人目です。長野市保健所・小林良清所長:「16例目と17例目の濃厚接触者として観察していた方です」

長野県内の感染者76人に…74、75人目のいずれかから感染か 2人の濃厚接触者のうち5人に症状(NBS長野放送) – Yahoo!ニュース

今日にも緊急事態解除の地域が決まるようです。
長野県は最近、感染元のはっきりしない感染者で濃厚接触者の多い人が出ている状態、その中で一部企業は感染者発生を発表しましたが、長野市長が社名を公表してプラスはないと言っている状態で解除に向かって大丈夫でしょうか。
隠して嘘の情報で別の人に風評被害が出たり、後から公表や内部からの告発的なもので組織名が公開された場合のダメージも大きいと思うのですが