ロボット掃除機で火事!

ロボット掃除機が電気ストーブを勝手に押して動かしたことが原因とされる火災が今冬、東京都内で2件確認された。東京消防庁が8日、発表した。いずれもけが人はいなかったが、現場の調査や火元住民への聞き取りに加えて実験でも裏付けられたとして、同庁が注意を呼びかけている。

情報源: ロボット掃除機がストーブ押す、火災に注意 東京消防庁(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

倒れてしまえば電源が切れるのでまだ良かったのかもしれませんが、 軽い電気ストーブは障害物とも感知されずに押したりケーブルを巻き込んだりして動かされて燃えるもの(タンスやソファー)などに接触して起こるということです。
あまり楽をし過ぎるとその分何かが起きるようです。掃除機を動かすときは電気ストーブの電源は外しておいたほうが良さそうです。それか掃除範囲から除外する、両面テープ等で動かないように固定するなど面倒なことをするなどそれなりに対応が必要です。

安倍首相のサンゴ移植発言

安倍晋三首相が6日のNHK番組で「土砂の投入にあたって、あそこのサンゴは移している」と述べたことが波紋を広げている。実際に防衛省沖縄防衛局が移植したのは土砂投入区域外の一部のサンゴ。首相による「印象操作」と受け取られかねない発言だけに、政府は打ち消しに懸命だ。
情報源: 安倍首相のサンゴ移植発言が波紋 政府、打ち消しに懸命(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

もしかしたら真実は国民にはわかないと思ってやっていることで、ずっとこの人のまわりで行われていて、政府統計資料などにも多くの不正が行われていることが発覚しています。
今年は亥年で政治に変化のある選挙の年でもあると言われていますが、変化の原因は与党にはいっぱいあるのですが、それの対抗となる野党に力が無いのが問題のようです。

学校ー政治家の問題も多かったけどみんな灰色のまま

国会議員の依頼を受けて受験生に便宜を図っていた疑惑や事前に入試問題が漏えいした可能性も明らかになった。情報源: 東京医大、国会議員依頼に便宜 不正不合格さらに109人(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

一般受験を目前にした年末最後にこんなニュースでは心配ですが、受験生はそれでも頑張るしかないのです。
日産問題に特捜は力を入れてそれでも結果が危ういと噂も出る状態ですが、やはりこういう教育についての犯罪それも政治家がらみについてしっかりと結果を出して犯罪にはならなくても、政治家の信用という問題で排除されるような流れにならないでしょうか。結果教育に信用がなく灰色の疑いでは、将来という期待が持てなくなってしまいます。

安倍政権、26日に6年

 安倍晋三首相が2012年に政権復帰してから26日で6年を迎える。 今年は森友・加計学園疑惑など政権の土台を揺るがす不祥事が続発したものの、野党の追及をかわし続け、「1強」体制を維持。国会運営では強引さが目立ち、その代償として悲願の憲法改正の動きは停滞した。経済・外交の課題も積み残した。
情報源: 「1強」維持、懸案持ち越し=安倍政権、26日に6年(時事通信) – Yahoo!ニュース

この間好景気だという数字ですが、世界的にもそうかもしれませんが、良い大企業が数字を良くしているだけで零細企業には先の見えない時代が続いているという差が大きくなっているように思えます。
来年の消費税のポイント還元、外国人労働者についても見ているところがずれているて、昨日ビートたけし氏が言っていましたが、外国人観光客についても、ただ大きなホテルや国が税金として入金が増えるだけで、それ以上に一般住民や観光地には負担を与えることを良しとしているだけということもうなずけてしまいます。

来年は、この1強に対抗できる政党、政治家が出てきてもっといろいろ話がちゃんとされ地方の庶民にも良い変化があることを望みます。

カルロス・ゴーン被告 21日にも保釈

日産自動車の前会長・カルロス・ゴーン被告らをめぐる事件で、東京地裁は20日、ゴーン被告らの勾留延長を認めない決定を出した。ゴーン被告は、早ければ21日にも保釈される可能性がある。
情報源: カルロス・ゴーン被告 21日にも保釈か(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

特捜が他の罪も含めて追い込めそうにないのでもう延長は出来ないと判断が出た可能性とか言われています。世界を駆け巡った逮捕だったのに最近はメディアでも背任とか横領についても騒がなくなり大丈夫かと思っていたらこれです。

内部通報に司法取引まで入れての結果だったのにこれで裁判で無罪になったとしたら大きな問題ですが、今後どうなるのでしょう。それと、保釈金や保釈条件もどうなるのか、平成最高金額の保釈金なんて記録になるのかも