「ながら運転」厳罰化

改正法では、運転中の携帯電話での通話や、画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の点数をこれまでの1点から3点に、通話や注視により交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点にした。  「保持」の反則金は「大型車」は7千円から2万5千円に、「普通車」は6千円から1万8千円。

情報源: 「ながら運転」厳罰化 反則金引き上げ、懲役刑も(共同通信) – Yahoo!ニュース

ステアリング内蔵のハンズフリー通話機能やカーナビ機能、更にはgoogleやsiriを使った操作など、判断が微妙なところもありますが、 対向車や前の車が、スマホをいじっているのがわかるだけでも、自分としては次どう動くか不安を感じていましたので SNSやゲームをやりながらの運転する人がいなくなるようになるなら、少し安心できるかもしれません。

ただこれからは、取締にちゃんと全国統一の基準をつくらないと県警や更には警察官の個人の違いで違反になったりならなかったりでは困りますね。