NECにつづいて富士通がPC事業、レノボに統合

2016102901.jpg スマートフォン普及に伴うPC市場の縮小を背景に、富士通のPC事業は損益が悪化。当初は富士通と東芝、ソニーのPC部門が独立した「VAIO」(長野県安曇野市)の国内勢3社によるPC事業統合を目指したが、拠点統廃合などで意見が合わず、断念した。
不振PC事業、レノボに統合=国内2工場は維持へ―富士通 (時事通信) – Yahoo!ニュース

NECも既にレノボに統合されていて、今度は富士通です。日本のパソコンを代表してきたメーカー2社が、製造をしなくなるということです。今スマホ世代にパソコンが必要でなくなってきたと言われるなか、スマホで失敗、そしてパソコン製造も止めて残るは何になるのでしょうか。
日本パソコンメーカーはサービス業に移行し、スマホ・パソコンメンテナンスで高い料金なんてことにならなければ良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください