ロシアのSWIFT排除で合意

米欧は、ロシアを国際銀行間の送金・決済システムのSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することで合意した。独政府報道官が26日に発表した。米国、フランス、カナダ、イタリア、英国、欧州委員会が合意した。

米欧、ロシアのSWIFT排除で合意(ロイター) – Yahoo!ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に対応するために、今経済制裁しかない状態での次の段階として決まったようです。ここで何かしらの結果を出せないと、次に危ないと考えられる中国や北朝鮮などに、侵攻に対しての対応は現在この程度だと思われてしまうことはとても危険なことだと思います。
中国は既にこの侵攻を認めず複雑な問題とかにしていて、このことを自国に当てはめて台湾や日本に何かしら行動をするなってこともあるかもという状態を作り出してしまいそうです。
そして今、また北朝鮮が飛翔体を発射したとのニュース速報が流れました。今後どうなるのか、経済はもちろんパラリンピックやスポーツなどもにも影響は出ることは必至です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください