柿渋でコロナ不活化?

 奈良県立医大は15日、渋柿を砕き発酵させた「柿渋」に、新型コロナウイルスの感染力をなくす不活化効果があるとの実験結果を発表した。ただ現状は論文を準備している段階で、専門家の審査を経て公刊されてはいない。実験の詳細も「特許出願中のため」として明かさなかった。

「柿渋でコロナ不活化」奈良医大 「特許出願中のため」詳細示さず(共同通信) – Yahoo!ニュース

柿渋は抗菌・消臭に既に使われていたり、やはりいろいろ商品化されているような素材は、他にも役立つのか常にその素材が今話題のことに使えるか試す人がいるようです。
お茶カテキンや、梅なんかも試験はされているようです。

今も長野県内は感染経路不明でポツポツと感染者が出続けています。4連休も始まり
秋の行楽、冬のスキーや温泉など観光産業も多い長野県のコロナ対策に特効薬となるような素材とその製品が出回ることを期待します。
わさびとかイナゴとか蜂の子とかダメですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください