今の自民党は都合の悪いことは、勝手にいうだけ

自民党本部、生煮えの説明に終始 再調査後ろ向き 大規模買収事件を巡って自民党本部は、河井克行被告と案里氏側に提供した1億5千万円は買収に使われなかったと結論付けたが、一部については使途を明らかにしないなど生煮えの説明に終始した。

「県民をばかにしている」 自民党本部の生煮え説明に党広島県連憤り 与野党県組織も「証明にならない」と不満続出(中国新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

また勝手にいうだけで解決したような感じにしての幕引きをでっち上げるといういつものパターンを持ってきました。どう見ても1億5千万が、全く買収に使われなかったとしても、その分浮いた金額で買収していたのだから同罪でしょう。そんなこと調べる必要もないことです。そしてそれを決めた人、出した人が全く知らんぷりのままでいるのは、検察がなかなか動けない理由がどこかにあるのでしょうがそれ自体も問題ですが、どうして何も起きないないのか、今の日本は落ち着き過ぎ、学生も就職活動ばかりで、政治活動は妨げとしか考えていないのでしょうね。
一番は対抗する野党が支持率をあげらず、やりたいことを実現するためには与党自民党みたいなことで無所属・野党から自民党の乗換えるなんてことが多く起きることさえ防げないということにも思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください