新たに11件“集団感染” 小学校、高校、保育園、幼稚園、高齢者施設など 長野県

今シーズンは本当によく降ります

県内で新たに「集団感染」または疑われるケースが11件確認されました。このうち8件が学校や幼稚園、児童福祉施設などです。長野市では学校で9人。松本市では小学校で13人、幼稚園で15人、保育園で12人。佐久保健所管内では、小学校と学校でそれぞれ7人と9人。上田保健所管内の高校で14人。長野保健所管内の児童福祉施設で14人の感染がわかりました。

新たに11件“集団感染” 小学校、高校、保育園、幼稚園、高齢者施設、飲食店など 長野県の新規感染435人(NBS長野放送) – Yahoo!ニュース

オミクロン株が、施設での集団感染で増えています。既に飲食店のほとんどが、他の人との接触をしないように対策済みになっていますが、学校関連は今まで子供と言われる年齢での感染が少なかったためにまだ接触対策は遅れていたための結果のようです。

”人流抑制ではなく、人数制限”と今週話題になっていますが、学校もさらなる少人数クラスや時差学習などで対応が必要なのかもしれません。
ただその対応ができるのが早いか、オミクロン株のピークアウトが先かの話になってしまうのではという感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください