また行き当たりの対応にならなければ良いのですが

政府は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、持病がある人や高齢者などを11日午前にも下船させる方針であることが分かった。

クルーズ船 高齢者ら下船へ – Yahoo!ニュース

クルーズ船内の環境が悪いことや、船内感染が広がっていることなどが報道されたことから下船の方向で検討に入ったらしいです。
しかし、また中途半端な場所に移動するだけで問題がなくなる方向にはいかない可能性が大きいような感じがします。
多くの医療関係者の意見などを聞いてこれから何をやるかを決めてからではなく、今はどこかに出せば良いのでしょ的な対応に思えます。これでは、中国での一部幹部の対応と同じでただ上層部(日本では国民)への見た目優先で動いて感染を止められなかったのと同じです。
やはり今回の日本政府の対応は、多くの失敗がある感じです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください