刑事告発 公選法違反の疑い

河井克行前法相(自民党、衆院広島3区)の妻、河井案里参院議員(同、広島選挙区)の選挙事務所が運動員に法定上限を超える報酬を支払ったと報じられた問題で、広島県内に住む76人が2日、夫妻を公選法違反の疑いで広島地検に刑事告発した。

広島県内76人、河井前法相夫妻を刑事告発 公選法違反の疑い(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

国会内で騒ぐより、司法にまかせて本人でなくても秘書や事務所職員などを起訴できれば良いので頑張って本当のところを公にしてもらいたいところです。

そして「桜を見る会」の関連も同じように、多くの違反の可能性があるなかでひとつでも実証できれば、ヤリ過ぎ官邸や総理夫人も静かになるのではないでしょうか。そうしないと官僚が国民より組織の保身のために官邸の目を気にして何もできなくなっているところから抜け出せそうにありません。
官僚が 国をよくするために動けるようにしないと選挙結果狙いの政治家のいきあたりばったり政策や一部支援者の優遇などがなくなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください