マイナンバーカードがざわざわ

マイナンバーカードは16年1月に交付が始まった。利便性の低さや個人情報の漏洩(ろうえい)への懸念などから普及が進まず、11月1日現在の交付枚数は約1823万枚、取得率は全住民の14・3%にとどまる。総務省所管の団体は7月、普及が進むとの政府の想定に基づいて5500万枚分の製造を2業者に発注している。

マイナンバーカード未取得「理由提出を」 各省庁職員に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

来年9月以降にマイナンバーカードに紐付けられたIDで25%ものポイント還元とか言い出したと思ったら、各省庁職員にもまず取得しろという指示のようなものが出てさらには地方にも取得を推進・100%を目指せみたいなことになっているようです。
まずはポイント還元ではなく利便性で保険証・免許証・学生証・年金や住民票取得・e-taxや各種届出などがマイナンバーカードからできるようなシステムを構築することが必要だと思いますが、安易なエサで国民を釣り上げようという考えが可笑しくないですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください