選挙法違反で警察は動かない?動けない?

「週刊文春」(10月31日発売号)が報じた妻・案里氏の参院選における公選法違反疑惑を受けて、同日、法務大臣を辞任した河井克行衆院議員(56)。法相在任中に、悪質なスピード違反を秘書にさせていたことが新たに判明した。

情報源: 河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!(文春オンライン) – Yahoo!ニュース

菅原一秀 河井克行 河井案里の3人に対して国会では説明責任とか言ってますが、文春等の情報で警察は動けないのでしょうか。証拠を廃棄されてしまう可能性があるので、早く動くこと必要なのにその気配がメディアではあまり伝えられていません。

まさかなんらかの忖度が行われているのか、週刊誌情報で本人が辞任等で逃げているのにそれでも警察はその情報を信用していないのかですが、何らかの反応は欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください