北海道のブラックアウト

今回仮に泊発電所が動いていた場合、定格出力運転中の原子炉は苫小牧での送電網破綻の影響で緊急停止することになり、その上ブラックアウトの為に外部電源を喪失。これはたいへんに危険なことで、もしもここですべての非常用DGの起動に失敗すれば最終的に原子炉が爆発する可能性があります。これにより、今後泊発電所の適合性審査はさらに難しいことになると考えられます。なぜなら、安定した送電と外部電源という多重位防護の第1層に弱点を露呈したことになるからです。
情報源: 北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか(HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース

原発が動いていたらこうならなかったではなく、動いていたらもっとひどいことになったかもというほうが、大事なように思えます。
これからも国内どこでも大地震やそれによる津波などで影響を受けることが予想されているなか、原発が動いていてそれを直接被害や電源喪失などの2次的被害がまったく無いといえる状態で動かすのはどうなんでしょう。さらに動かすことを前提にした計画しかなくて今回のようなことを起こしてしまった問題も大きいように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください