東京五輪のサマータイム見送り

2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として浮上していた「サマータイム」(夏時間)について、自民党の遠藤利明・東京五輪実施本部長は27日、「20年の導入は難しい」との見通しを記者団に語った。政府・与党内で慎重論が広まっており、五輪にあわせた導入は見送られる方向だ。
情報源: 東京五輪のサマータイム、導入見送りへ 自民党が見通し(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

勢い良く言い始めたのに、一般的な話を聞いてみるとやっぱり時間的にも健康にも無理があるということで引っ込めるようです。
なんでもオリンピックだからという理由は今は通らないということです。
ボランティア募集にしても、SNSなどで否定的意見が簡単に流れる今、どうしていくかを考えながら修正していかなけれいけないのに、一部の人の考えを前面に押し出してしまうと今は反対意見のほうが盛り上がってしまうのでなんかおかしい、反対だという方向になってしまいます。
そんな感じなのに、自民党総裁選が今回のような派閥主義で終わってしまうことが不思議です。