老舗お菓子会社

09011501.jpg かりんとうの久星 会社清算へ
 かりんとう 製造販売の久星食品(松本市笹賀)が12月28日で全製品の製造を停止し、会社清算をすることが10日までに分かった。同社が取引先に対し、会社清算を文書で通知した。文書などによると、会社を切り盛りしていた3代目の青柳良彦前社長が今春に急逝
し、工場の老朽化などの問題が残されていたことなどから、のれんを下ろすことを決めた。
松本市民タイムス

新潟では株式会社みながわ製菓「とうがらしの種」とかで有名なお菓子会社も倒産した。老舗菓子店から法人化してやっていたところは価格競争や嗜好の変化の対応に大変だったのだと思いますが、慣れ親しんだお菓子が無くなることはとても残念です。

久星は、「蔵久」という直営店を出店して話題となっていたのに、3代目が急逝してこんな結果になったらしい。黒糖カレーやチョコレート専門コーナーもあるようなちょっと話題の安曇野店は既に10月2日に閉店していたということでこんな急展開にはびっくりしてます。 今後長野や松本のお店もこのまま閉店してしまうことになるのか心配ですが、できれば生産実演に機械もあるらしいので店舗販売する分だけでもどうにか出来ないものでしょうか。