長野県議13人・市長9人、旧統一教会関連団体と接点

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関わりを巡り、県議57人のうち13人、県内19市長のうち9人が関連団体の催しへのメッセージ送付などに応じていたことが18日、信濃毎日新聞の取材で分かった。うち市長2人が選挙時に応援を受けたとした。県議13人を県会会派別にみると、自民党県議団が12人、県民クラブ・公明が1人。

【独自】県議13人・市長9人、旧統一教会関連団体と接点 「選挙時の応援」は2市長|信濃毎日新聞デジタル 信州・長野県のニュースサイト

自民党は県や市町村など末端まで関わりを持っているようです。党中心の萩生田光一政務調査会長のように教会との顔つなぎのようなことをする人もいるのでどっぷりなのでしょう。公表はしていないけど隠れ信者が議員のまわりや議員本人にいるかもしれません。そしてアメリカでは共和党が思想・教会つながりで関係がありトランプ氏は12日もビデオメッセージを送って支持しているようです。
こう思うと安倍・トランプの繋がりも教会関連や仲介があったのではと疑ってしまいそうですが真相はどうなるのでしょう。
表の思想だけで裏の行動を調べもせずに、選挙さらには政治に関係を持たせていることはしっかりと区別していかなければ危険なことなのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください