もう止めたら!

昭和橋が今年は9月1日から7ヶ月通行止めのようです。毎年税金を使って通れない橋にして工事で補修をしていますが、何のためかと思ってしまいます。一応「土木学会選奨土木遺産」にはなっていますが、特に観光名所でもなく、毎年の修繕のためにツギハギ、そのツギハギ部分が2年も経たずに浮いて欠けて落下しています。さらには一部異様に白く塗られたりしている橋です。舗装工事や排水工事をやったあとでも、人が歩く両端に大きな水たまりができるような工事です。

今年度は7ヶ月もかけて何をやるのでしょうか。町民の税金の無駄遣いのように思えますが、どうにもならないのでしょうか。もう止めて現状保存でも良いように思えますがどうなんでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください