既に大学生が上着の袖のスマホで撮影

 大学入学共通テスト初日の15日に行われた「世界史B」の問題用紙の画像が試験中に流出した疑惑で、共通テストを受験した大阪府在住の女子大生(19)が27日、香川県警丸亀署に出頭し、関与を認めた。捜査関係者によると、女子大生は「私が1人でやりました。成績が上がらずに魔が差した」と話しており、警視庁が任意で事情を聞いている。

【独自】都内有名私大を志望の女子大生、泣きながら電話で母親に「流出」打ち明ける…上着の袖のスマホで撮影(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

もう大学1年生であって、東京の私立に行きたいからの受験のためだというころらしいです。授業料が払えずに休学や退学をしている人がコロナ禍で多く出ているなか、有名私立を目指すお嬢様なのか、とても稚拙な行動をとったという感じです。
この方法でうまくいく可能性は低く、さらに今回のように公になった場合は犯人が特定されることは簡単だということはわからないのでしょうか。
ただ、本人が出頭する前に捜査側が先に特定・確保できると思っていたのですが、そうならなかったのもちょっと残念に思えます。

捜査といえば最近、あおり運転や窃盗事件の記録映像がテレビで流れますが、被害届けを検討中・予定で放送されていてその後の報道されるのがほんの一部なのは、テレビ映像としては衝撃があっても、被害として受けられていない、被害としては受けるけど積極的に捜査しないという事例が多いのではないかと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください