五輪パラ、目立つ「特別扱い」と一般との差

 新型コロナウイルス感染拡大が止まらない中、東京パラリンピックが24日開幕する。 東京都は修学旅行なども含め不要不急の外出自粛を求める一方、児童生徒の「学校連携観戦プログラム」は行う方針だ。こうした特別扱いは8日閉幕した東京五輪でも目立ち、有識者だけでなく都庁内からも懸念の声が出ている。

五輪パラ、目立つ「特別扱い」 学校観戦に識者・庁内懸念 都〔パラリンピック〕(時事通信) – Yahoo!ニュース

外出自粛、修学旅行や体育祭は延期またわ中止なのに、学校連携プログラムが行う。フジロックに行くのもや帰省して発症しているのも東京在住者。小池都知事の声は全く届いていないようです。こんな状態では、東京を起点とした感染拡大はとまりそうにありません。

やはりリーダーの言葉がこういう場合一般に響かないと無理なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください