下村氏ワクチン不足は「風評」

自民党の下村博文政調会長は13日、党の新型コロナウイルス感染症対策本部などの合同会議で、ワクチン供給に関し「足らないという風評が広がっていることも事実だ」と述べた。実際に不足を訴え予約制限などを行っている自治体が反発…

下村氏、ワクチン不足は「風評」 自治体反発も(共同通信) – Yahoo!ニュース

不足(間に合わなくなる)ことがわかっていて、ギリギリまでもっと早く接種をと煽っていた河野太郎大臣、酒を提供する店には、酒も売るな金も貸すなと言った西村経済再生担当大臣、そしてそういうことを知らなかったという菅首相、もう本当にどうにもならない政府になってしまったようです。

そしてワクチンに関する風評による接種拒否があることを知っていて、ワクチン不足も風評という人が自民党幹部から出てきてしまっては接種予約を止める措置にでた地域もあるなかもう本当のことはどこにもないのであとは自分自身で判断して状態では、政権政党は任せられないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください