菅首相の言葉が安っぽい理由

日曜日からこの状態でなかなか咲きません こちらはゆっくり

 それじゃあ、まるで安倍政権が「国民のため」じゃなく、「自分のため」に働いていたってバラしちまったみたいなもんじゃないの。「いえいえ、前の政権も国民のために働いてましたよ」って言うんなら、「じゃあ前と何も変わってないじゃねェか」ってオチでさ。どっちにしろテキトーに考えたのがバレバレだよ。

ビートたけし「菅首相の言葉が安っぽい理由」を語る|NEWSポストセブン

言葉が大事な政界で、間違った言葉を発する人が増えているようです。その言葉の前後、時間的流れの整合性はもちろん世界的な方向性を考えた発言をしなければならない人が、簡単に発した言葉で大きな問題を起こしています。

現代は、技術の進歩がとても速いですが、それに影響されSNSなどであっという間に考えの方向性が変わったり、主題が入れ替わっっていたりしているときですので、古いままの人にはついていけない状態ではないでしょうか。そこでやはりそういう人には、それを知らせる人、間違ったことは止める人がちゃんとついていないとダメなのかもしれません。そういう人の意見をちゃんと聞くのもイヤだという人も多いとは思いますがそういう人には引退してもらうのがその後のことを考えるとその人にとっても一番のように思えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください