首相の辞意表明と長野県連日10人超の感染者

28日夕方の首相の辞意表明、そして28,29日と長野県全体で10人超の新規感染者と8月末にいろいろ起きています。さらに未だに連日の猛暑です。
全国とすればコロナ新規感染者数は減っているようにも見えますが、当初は猛暑のなかもっと感染は下火になる予定だったような気がしますが、このあと涼しくさらに寒くなってインフルエンザと一緒に流行が広まり始めた場合どうするのかということを、次の首相がちゃんとできるかという不安です。
さらに今後の感染と経済をどうするかで、来年の正月が初詣も自粛になったガランとした神社やお寺がニュースに出ている状態になるか、マスクをしながらもみんな笑顔でお参りできるか、そしてその後にも大きな影響を残すことになりそうな大事な時期になりそうです。
それでも自民党は派閥の力で総裁(首相)を選んでまだ官僚指導の国民を見てないイベントを続けるなら来年はいろいろ危なそうですが個人でどう備えれば良いのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください