コロナ対策に正解はないと言っても

新型コロナ対策に初めてのこと経験にないことだから正解はまだないといっても、日本の対応は本当にどうなんでしょう。マスク、給付金、緊急事態宣言そして来週始まるGOTOトラベル 増えないPCR、罰則ない移動や営業、補償のない休業、テーマパークやスポーツ観戦のチケットの高額転売。

どうも経済が落ち込むことばかり考えて本当の対策を出来ないのか、収束を早くして経済復活との行程が読めずに前のめりに経済に力をいれようとしているように感じます。
そして未だにPCR検査数は予定より桁違いの少なさ、いろいろやっているのかと思っていたら、唾液での検査も無症状者はやっと始まるようですし、東京では陽性無症状者受け入れ用ホテルの契約が終わってそのままにしていたため足らなくなって自宅待機者を増やしていたようです。

感染対策については専門学者等の話をもっと真剣に聴いたほうが良いのではないでしょうか。政治は15分くらいで結果の出る検査もあるようなのでそれを増産配布するとかを考えてもらい、経済は経済の専門家が短期間のイベント企画ではなくこれからの生活も含めて在宅・時差出勤・地方移転とどう回復させていくかを設計してそこのどこに政治が関与するか程度で良いような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください