テラハ制作側の問題と誹謗中傷で発信者特定を簡単にするのは別

中尾は「台本はないが、面白い場面ばかり編集しているため、以前からSNS上で誹謗中傷が書き込まれていると聞いている」と指摘。「都合のいいところだけ切り取って、なぜフォローしなかったのか。テレビ局が守ってやらなきゃいけなかった。同じ演者として私は怒っている」と言い放った。

中尾彬 SNS誹謗中傷でテラハ制作スタッフに怒り「なぜフォローしなかった」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

リアリティ番組といっても視聴者はすべてを見ているのではなく、制作側の考えで切りとられた一部を見て誹謗中傷が番組を盛り上げていると勘違いして出演者のフォローや保護などをしなかったことが今回の発端のような気がします。まずは制作側の謝罪と今後の方向(ただ番組打切りだけでなく)の発信が必要ではないでしょうか。
それとは別に誹謗中傷の発信者を特定することに政府がすぐに動き出したことにちょっと違和感を感じます。
首相や議員に関する書き込みもそれに当てはまり、「やめろ」「税金泥棒」さらに「アベノマスク」と書いただけでも 誹謗中傷 扱いにされることにならないか心配です

台風被害にあった千曲川の土砂撤去中の水田横に咲く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください