Windows 10のFMVで無線LANの接続が不安定

2週間で同じような現象に遭遇したので覚書です

FMVが
・無線LANの接続が頻繁に途切れる
・無線LANを接続しても、すぐに切断されてしまう
・無線LANが自動接続になっているのに接続しない
という感じになり、アップデートやメールの送受信でエラー頻発状態でした。

この場合、どうにかつながっている間に、Wifiのドライバーをアップデート、その後デバイスマネージャーでWifiの機器をアンインストールしてから再起動すると普通にインストールされ接続できるようになりました。

HPのパソコンではHP Sure Senseというソフトにより、ESETが”モジュールアップデートが失敗しました デジタル署名が無効です。”というエラーでアップデートできないという状態。
さらにHP sure startとwindows10標準のBitlockerという暗号化機能がONになっているとそれが影響してPCが起動するのにとても時間がかかる現象もありました。

バッファローのルーターの無線自動引越し機能も、コピーに失敗したときの手動対応の方法が、設定方法の説明文に記載がなくて、ネットで探さないと解らないという状態です

こんな感じでいろいろ機能が増え、自動でやってくれるのは便利ですが、それがうまく動かないときの影響が大きいのも確かです。

「Windows 10のFMVで無線LANの接続が不安定」への2件のフィードバック

  1. FMVに標準装備の「アップデートナビ」でデバイスドライバを更新すると安定する説があります。
    Windows10をビルド版数1903/1909にアップデートした時に出る症状っぽいです。

  2. 1台は7から10の1909にしたものでしたが、もう一台は買ったままに近いビルド1809でした。昨年からいろいろやっていたようですが、アップデートも途中で切断されできなかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください