消費税率、実質は? 期間限定も

 10月の消費税増税では、酒類を除く飲食料品の税率を8%に据え置く「軽減税率」とキャッシュレス決済による「ポイント還元」が導入される。 何をどこで買うかによって、実際に負担する税率はおおむね3、5、6、8、10%と5段階に分かれる。軽減税率は商品ごとの線引きが複雑で、ポイント還元も中小の小売店とコンビニでは還元率が異なるため、買い物客は混乱しそうだ。

情報源: 消費税率、実質5段階=軽減・ポイントで複雑化-買い物客混乱も(時事通信) – Yahoo!ニュース

軽減税率対象商品の送料を同一伝票で処理、持帰りと店内飲食の同時精算 さらにいまだうちもそうですがポイント還元事業の審査を通過出来てない店舗での買い物や、決済会社のポイントバックなど、はっきりしていないことが多すぎです。

増税まで2週間もない状態ですが、これをうまく乗り切れることを考えるより流れにまかせるという感じが増えているのが現状のように思えます。

最近、なんか的外れで庶民のやる気を削ぐことが多いように感じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください