テラバイトが当たり前

最近、パソコンや外付けハードディスクを見るとテラバイトという容量が当たり前になってきました。

今再セットアップ中のPCは、内蔵HDDが3TB、本日納品のNASは12TBという感じです。

ただ再セットアップや、ディスク検査を簡易ではなく標準でやると、10時間とか2日とかかかるということ、さらにアクセスできなくなったときのダメージは大きく、ビデオ、画像、音楽とすべてがあっという間に使えなくなったときは大変です。

別のHDDへのバックアップやクラウドストレージなども利用してうまく処理をしておかないと、パソコンはどうにか動くようになっても過去のデータがすべて使えないのは困ったことです。そして今はスマホに多くのデータがあるのでそれも同様にバックアップが必要になっていて対処しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください