ロボット掃除機で火事!

ロボット掃除機が電気ストーブを勝手に押して動かしたことが原因とされる火災が今冬、東京都内で2件確認された。東京消防庁が8日、発表した。いずれもけが人はいなかったが、現場の調査や火元住民への聞き取りに加えて実験でも裏付けられたとして、同庁が注意を呼びかけている。

情報源: ロボット掃除機がストーブ押す、火災に注意 東京消防庁(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

倒れてしまえば電源が切れるのでまだ良かったのかもしれませんが、 軽い電気ストーブは障害物とも感知されずに押したりケーブルを巻き込んだりして動かされて燃えるもの(タンスやソファー)などに接触して起こるということです。
あまり楽をし過ぎるとその分何かが起きるようです。掃除機を動かすときは電気ストーブの電源は外しておいたほうが良さそうです。それか掃除範囲から除外する、両面テープ等で動かないように固定するなど面倒なことをするなどそれなりに対応が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください