ロシア併合への住民投票

ロシアへの一方的な併合に向け、親ロシア派勢力が23日から「住民投票」を行っているウクライナ南部ヘルソン州の住民男性がSNSを通じ、本紙の取材に応じた。銃で武装した親露派兵が1軒ずつ住宅を訪問し、「事実上、脅して投票を強要している」と証言した。

ロシア併合への「住民投票」、兵士が戸別訪問し「強要」…「賛成多数は目に見えている」(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

無理矢理の住民投票でをやったという見た目と嘘でも併合への希望が多いという数字を出して、その結果を認めそこへ攻撃した場合はロシアへの攻撃として反撃するとしていますが、どこまで本気で言っているのでしょうか。反撃と称して核攻撃やウクライナ以外の国への攻撃などした場合、世界大戦のようなことになるのか心配です。

ロシア国内でも、徴兵が始まったために戦争反対勢力がデモ等行っているようですが、こちらがどの程度政権に影響を及ぼすことができるかも期待したいところです。
これは一部だけの話しで以前と同じままの政権支持率80%超なんてままが続くのかで今後が見えてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください