五輪も変わらなければ

「二つの競技団体の強化費」の名目で2億3000万円(メディアによっては2億5000万円)をAOKIから受け取り、競技団体には6000万円か7000万円を渡した。「残った中の約1億5000万円を高橋氏の会社が受け取り、借入金の返済などに充てた」と高橋氏が任意聴取の中で答えたと報じられている。

「2億円超」受領疑惑の「高橋治之」元理事、五輪ビジネスの「裏」を知り尽くした男の知られざる錬金術(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース

 大きなお金が動く五輪ビジネス、このくらいならと一般人には手にすることのない金額を個人向けに動かすことができることをいつまで許したままにぢておくのか、今回も逮捕・実刑などという方向までいくのも難しいらしいとなると、まだ続くのではないでしょうか。

選手のドーピングや政治活動には大きな問題にすぐになるのに、裏のお金の問題にはゆるすぎるようです。このままでは今後の世界的スポーツイベントは、大きな裏金が動くところでしか開催されなくなり、結局本当のスポーツ振興にはならないようになるので、根本からその開催方法を考え直さなければいけないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください