安倍前首相の「虚偽答弁」,吉川元農水相議員辞職

安倍晋三前首相=国会内で、竹内幹撮影(毎日新聞)

 安倍晋三前首相による「桜を見る会」前夜祭に関する疑惑を巡り、衆院調査局は21日、安倍氏が2019年11月~20年3月に事実と異なる国会答弁を118回していたと明らかにした。質問への答弁を精査した結果、衆参両院本会議と予算委員会で見つかった。

安倍前首相の「虚偽答弁」118回 衆院調査局 桜を見る会前夜祭(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報としては出てくるのですが、やっと「河井案里被告 広島高検が連座制訴訟を提訴」など、司法の動きが遅い感じです。
検察が動いているのでその情報が出てきているのですが、結果としてその先に行くのか行かないのかのか言っている間に、有耶無耶になっていったり政治家本人は、証拠不十分で不起訴とかが多い感じです。

本人達に説明を求めてもしょうがないので、疑惑から確証にそして本当の責任をとってもらえるようになるようしっかりと外堀を埋めてもらいたいものです。

これで、コロナ対策と前政権からの負の置き土産で菅政権も短期になってしまうかもしれません。だけどこの時期突然の解散なんてことは誰も望んでいないのでどうすれば一番良いのか 東日本大震災のときの菅政権とも重なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください