永遠とやる 補修工事

昭和橋の補修工事 毎年5ヶ月も車両通行止めにしてやっていますが、9区間を2区間分づつに分けてやっているため一通りの工事が終わる前に最初にやった部分が傷んできたりしている上、今回はお試し工事みたいな感じで2区間の半分だけ黄色の液を入れてみたり、表面塗装をしてみたりしています、またこれをやるためにまだ今後も何年も工事は続くのでしょうか。

表面塗装にしてみればこれから修正作業があるかもしれませんが、足場の部分が塗られていなかったり、ムラも大変ありますが、これで良いのかと思ってしまいます
橋として使用を5ヶ月もできなくして、何年も毎年やる必要があるものなのかこの考えが不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください