コロナ感染拡大中

河原に置いてあったベンチ 伐採木材で作ったようです

東京圏で緊急事態宣言が出され、関西圏でも今日要請するとかいう状態です。長野県でも小諸・佐久や松本で拡大が進みこの辺でも年始から雪が降ったり止んだりの寒い日が続きいつ同じように感染者が多く出てもおかしくない感じです。

議員さんたちは自分達には優しく、国民には店名公表や罰則という危険な発想とも言える考えの方が多いようで、それでこの危機を乗り越えられるか心配です。

やはり昨年の感染が抑えられているとき次の流行に備えることがされていなかったことが一番の問題なのではないでしょうか。そしてまた海外からの入国を止める方向だったのを、止めないと言い始めているどこを向いて何を考えているのかわからない状態で、経済優先でどこかの大統領のように暴動を先導したり海水浴をしたりという方向なのかもしれません。

野党与党と言わずこのような状態を変えてくれる指導者やグループは未だ出現する感じはありません。こういうときこそ議員は名を上げることができるのですが、それよりも議員数や金銭からくるリスクが大きいと思っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください