原発の新増設(建替も)、想定してないと今は言いますが

加藤勝信官房長官は28日午前の記者会見で、自民党の世耕弘成参院幹事長が原発新設の必要性を訴えた点について問われ、「発言は承知しているが、政府としては現時点において原発の新増設、リプレース(建て替え)は想定をしていない」と述べた。

加藤長官「原発の新増設、想定してない」 世耕氏発言に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

“温室効果ガスを2050年までに実質ゼロ“と世界の流れに乗り遅れないようにと宣言し、それに伴い原発の新設もと言い始めた人が出てきたらそれを一応否定する発言をしておくという手段に見えます。

政治家さんたちは、選挙前とか人気に影響あることは簡単に否定しておいて、その後やっぱり必要なことでしたと簡単に変えてしまう感じですが、今回も同様でしょうか
何よりも、大規模で安定供給が可能で安全な発電方法が見つかれば何の問題も無いのでしょうが、その分野での大きな動きはまだ見えて来ないなか、2050年までにどうするのか、開発競争の先頭に立てるよう国が旗を振ってほしいところです。
スマホも結局20Gとか限定的に安いように見える方向で、ごまかすような感じも見えます。どうしてもインフラ整備にお金が必要で大きな値下げができないなら、5G・6Gと多くの人が恩恵を受けるものであるとなれば、税金やNHKの受信料とかでインフラ整備なんてことはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください