これで何も言えない理由ができた!

安倍晋三首相の背任の疑いでの告発状を東京地検に提出した。安倍首相が自身の後援会員や妻・昭恵氏の推薦者、自民党関係者らを多く招いた結果、「予算規模が拡大し、国に損害を与えた」としている。

情報源: 憲法学者ら、首相を背任の疑いで告発 桜を見る会めぐり(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

すでに他の3人が告発・捜査を理由にして何も言えないと逃げているので、首相・政府も何も言えないと逃げるのではないでしょうか。

そんな政治家ばかりで何をしても、国民はそれを信用できず、未来に安心・希望は抱けなくなってしまいます。今の少子化などの問題は自分たちが原因とわからない政治家にまかせておいてはいけないように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください