コクヨが貼ることを考えた

あっとオフィス2019年日々の生活で“貼る”は単なる作業になりがち
しかし、“貼る”は、何かと何かをくっつけ、新しい何かを作り出す行為なはず。
GLOOは“貼る”を見つめなおし、あたりまえを変えることで
“貼る”をより豊かなものにしたいと考えました。

機能的で、美しい。
だから、使いたくなる、作りたくなる、置いておきたくなる。
それが、GLOOです。

まず今月は四角のスティックのりと吸盤で固定するテープカッターです。

四角のスティックのりは、角まではみ出さずに塗りやすく、貼ったあと角が付いていなかったり、塗るときに端まで行き過ぎて机まで塗ってしまうことが防げます。テープカッターは吸盤でしっかり固定されますので、片手だけで引っ張り出して貼ることが容易になります。ちょっとしたことかもしれませんが、今までと違うを試してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください