インフルエンザ 万能ワクチン

「いろいろなタイプのインフルエンザウイルスに効くワクチンを厚生労働省研究班が開発した。」
と、昨日からいろいろなニュースで取り上げられています。

攻撃目標を、よく変わるものから一定に近いものへ変えたことで万能の効力を発揮するということですが、既にイギリスオックスフォード大でも同じような研究内容でやっていて、人体への影響の研究はイギリスで1年以内、日本だと5年以上かかるらしく、5年も待てない人はイギリスで販売されたら入手しないと新型インフルエンザに対抗できないことになります。さらに、人間に悪影響があれば振出しに戻るですし、これから一定に近い内部の部分が変異したウィルスが登場して流行する可能性だってあります。

これからAIDSやSARSウィルスなどにも応用されていくということで、変種ウィルスに広く応用され成功すれば今多いウィルス危機の映画やドラマも今の時代を表すものになってしまうでしょう。

 自分はというと、先週土曜から胃腸にきてしまい軽い下痢から今週は胃が調子悪く食べると痛いというか気分が悪いのはやはりインフルエンザなのかと思いながらも熱が出ないので様子をみている状態で、こんなときに原因がわかる試験薬か治してくれる万能薬があればと思っていたところでしたが、今は無いようなので、熱とかの変化が無い限りはこのままでしょう。

明日は気温も高いらしいし静かにしていよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください