海外ドラマ

WOWOWで放映中の「クリミナルマインド3 FBI行動分析課」は、前のシーズンに増して犯罪は凶悪化がすすみ、連続殺人での被害者が悲惨な状態になってきていて、チームの1人ギデオンは、3rdシーズン2話にて行方知れずのままメンバーから外されしまい、リーダーのホッチナーの奥さんも子供を連れて家をでてしまうという展開で暗い話題ばかりが増えていく状態ですが、今後は何か良い話題は出てくるのでしょうか。

 行動分析は本当にここまで現場状況などから読み取れれば、大変役にたつ手段になりますが、実際のところどうなんでしょう。日本でもテレビに精神分析医とか元捜査員が出て犯人像を予想していますがみんなが違うことを言ったり、外れている場合が多いような気がします。
このBAU(行動分析課)とCSI(科学捜査班)と一緒になれば、行動が読めて科学的証拠があるということですぐに犯人は捕まります。

そして、4月から放映が決定している「リ・ジェネシス4」、今インフルエンザに薬が効かないと新聞に出たり、ドラマの「ブラッディマンデイ」、映画でも「感染列島」とか上演されていますが、本当にワクチンの無い強力な細菌が自然に発生したり製造され流行したらどうなるのか、最初に感じさせてくれたのがこのシリーズです。
この第4シーズンもどんな内容になるのか楽しみですが、アメリカのドラマにありがちな国家権力とかの話題にならないことを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください