GLOOスティックのりが文房具屋さん大賞 

GLOOスティックのりが文房具屋さん大賞 

紙のカドまでしっかり塗るために四角い形に作られたスティックのりです。
本体も、従来の円筒形ではなく四角形になったことで、デスクから転がって落ちにくく、のりを送り出すツマミも握りやすくなりました。
キャップ内でこぼれたのりが固まることで開けづらくなってしまわないよう中空構造にし、さらに大きめのフチを付けることで、片手でも簡単に開けられるようになりました。

という出来そうで出来なかったことを実現したことが評価されました。自分はパッと見たときは、四角にした大きな 意味を感じはしなかったのですが、意外と実現する難しさも含め大きな内容だったようです。
あっとオフィスでも詳細をご覧いただけます