自動車業界大丈夫でしょうか

 日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が報酬を約50億円過少に申告したとして、金融商品取引法違反容疑で逮捕された事件で、東京地検特捜部が法人としての日産を立件する方向で検討していることがわかった。
情報源: 法人としての日産も立件へ 長期で巨額の虚偽記載を重視(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

無資格検査やデータ偽装に続き自動車業界も次々と不祥事が出てきています。地方といえども工場の多くは自動車関連につながりのある仕事をしていることが多く、何かあると影響が出ることが多いですが、年末年始さらには来年度にかけて影響が出ないことを祈るしかない感じでしょうか。
まあ企業本社にしてみれば大きな問題でないいろいろな金額かもしれませんが、地方の企業にすれば年間売上以上の金額であり、その一部でも値下げなどで協力するとなればやはり痛手になりことが必至です。