河原のキカラスウリ?

河原の畑で見つけた大きな実です

ググるとキカラスウリの実らしいのですが良くわかりません。
以前(天気悪い日ばかりです)でキカラスウリの花は撮っていますのでそれかとおもったのですが、桜の木にと書いているので違う場所のようです。
そしてwikiでわかったのですが以外と薬となる有用な種類ということです。
見た目はちょっと大きすぎでこんな枯れ木に寄生しているような感じなので外来種かと思ったのですが間違いでした。

 

今度はスズメバチ

先日庭の手入れのときに見つけた不思議なものです。本当にお酒の徳利を逆さにぶら下げたような形とサイズでした。形からまず浮かんだのがトックリバチでしたが、まずがネットで検索してみるとどうもサイズも形状も違うらしいさらに画像で検索して出てきたのはスズメバチの巣。季節は違うけれどどうもこれから大きくなるらしいということで、2週間様子を見てみましたがいる気配がないので昨日撤去しました。

取ってみるとすでに壊れかけている感じで中にも巣以外は何もなかったのですが、こんなものが庭木につくりかけられていたなんてびっくりです。

季節は進んでいます

彼岸花は、毎年お彼岸に合わせてちゃんと咲きます。ただ今年はまだ暑い日が多く今頃になって蚊が活躍していますし、ミニトマトも今になって花が咲き続けています。そした昨日の夜は蒸し暑かったですが、今日は気温が下がるだけの日になり20℃に届かないということでやはり秋なのだという感じです。

やっぱりなんかいる?

先週も鹿を見た場所で月曜日に撮った千曲川ですが、右の四角の中を拡大するとなんかいるように思えます。2枚をみると動物らしきものの角度が変わってこちらを見ているようにも思えます
キツネでしょうか、この画像の奥側(坂城大橋上流)では護岸工事が始まっていて、もしかしたらそこから逃げ出した動物が、昭和橋下にいるのかもしれません。
そして秋いまのところ熊やいのししの警戒情報は出ていませんが、川でこんな感じなので、山に近いところでは出会うことを気をつけて行動しなければいけないようです。

今晩はカニの登場

ワンコのおしっこタイムに外に出ると、小石にこだわっていると思っていたのですがそれが動いた。 懐中電灯をあてて見てみるとカニでした。
千曲川の堤防が決壊した場合5mの浸水の恐れがあるとハザードマップにはなっている場所ではありますが、近くに小川なんてものもなくどこから歩いて来たのでしょう。

外ではカメラも持っていなかったので、家に連れてきて撮ってみました。興味ありげなワンコです。