PCを変えたのですが

Windows11の新型パソコンを入れてみました、windows10へのダウングレードモデルだったのですが、納品後すぐにWindows11にアップグレードしてみました。

あまり使っていたわけではないのですが、スタートにピン留したもののグループ設定ができなくなったようです。他は特にこれといって変わったという感じはあまりありませんでした。

それは良かったと思っていたら、持ち込まれた起動不具合のノートパソコンを見て、HDDは標準がMBRからGPTに変わっていることにいまさら気が付きました、単純にディスククローンでは起動できなくなっているようです。またその前に入れたデスクトップはさらにメインパーティションが、Bitlockerという暗号化有効の一歩手前まで設定されていてクリックひとつで暗号化されるようになっていたのです。これからこういう設定がされてくると、マイクロソフトアカウントのPINとかオフィスとの関連付けとかに加えて、ディスク不良のための交換はとてもできなくなってしまいそうです。

そうでなくても、最近のノートパソコンはケースを開くこともできず、ディスク交換はもちろん、メモリの追加・交換もハード的に難しくなってしまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください