岸田新政権は「古い自民党」株価にも影響

確かに安倍元首相の推した高市候補は敗れた。しかし出来上がった人事をみると、明らかに「安倍カラー」が強い政権になることは間違いない。「新しい自民党」どころか、安倍政権の復活に他ならない。しかも甘利幹事長や小渕優子組織運動本部長など、「政治とカネ」の問題によってフェードアウトしていった政治家が、何の説明責任も取らぬまま、何食わぬ顔で復権してしまっているのだ。

岸田新政権は「古い自民党」にしか見えない(ニューズウィーク日本版) – Yahoo!ニュース

安倍カラーに、引退間近の大臣、政治とカネ問題関連の人が目立つ地位に出たりでまったく変わらぬより悪くなったのかもしれません。それを反映してか株価まで下がっています。これで前倒ししたという選挙でどういう結果が出るのか、大敗は今のところないようですが、自民党・与党の過半数割れなどになるのでしょうか。またそうなったとして今の状態に変化があるのかもあまり期待できない感じです。

やはり今回の総裁選さらには今の自民党は、良くないと思わせるだけの内外からのプレッシャーが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください