脇甘い組織委 何故学習できない?

組織委は問題発覚後も小山田氏を留任させたことに「誤った判断」と認めた。過去のいじめ告白については改めて武藤事務総長やクリエイティブチーム、楽曲チーム全員「知らなかった」と強調したが、検索すればすぐに出てくるような情報だっただけに、“身体検査”の甘さを指摘する声も多い。 先見の明も計画性もなく、対応も後手に回る。幾度となく繰り返してきた同じ轍を踏み、再び大会のイメージを失墜させた。

小山田氏辞任 再び消えたクリエーター 脇甘い組織委 また同じ轍(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

また、問題が出てしまいました。本番直前になって開会式の使用曲は使えなくなりました。誰がどう選択しているのか一部の人の意見ですぐに決めてしまうから、発表当日から反対意見が出るようなことになってしまっているのでしょう。

みんなで協力して行う大会と言いながらも、一部の意見だけで行われる大会が露見され続けています。選手も感染から守られている感じも薄くなりつつ今週は7月なのに強烈な猛暑もあり、今週末の開会式とその後の試合に影響が出るのは避けられそうにないのですが、組織委はどう対応していくのでしょう。

そして政府は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください