緊急事態変化少なく五輪も無関心

緊急事態宣言下でも昨年より何倍もの予約が入っていたり、繁華街の人出もあまり減っていないようです。そして未だに感染者数は増え続けています。
なかなか、緊急事態も理由が昨年ほどはっきりせず、休業・時短ばかりが話題になり、もう耐えられないという声ばかりがメディアで流れるための結果のような気がします

オリンピックに関しても、500人の看護師要請や病床確保など言い始めて、みんなの反感をかうような方向に傾き、さらには二階・小池氏らは、既に中止になった場合の逃げに入っているという噂もあり、さらにオリンピックに無関心や中止の方向に国民はなりそうです。さてこれでゴールデンウィーク終わりさらに一応の緊急事態宣言の期限がくる時にどうなっているのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください