長野県内は累計125人に 連日増加

5日も長野県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、累計で125人になりました。このうち1人は、職員の感染が確認された介護施設の利用者です。新たに感染が確認されたのは、南箕輪村の60代の自営業男性、中野市の80代の自営業男性、山ノ内町の20代の男性会社員の3人です。

介護施設の利用者「陽性」 感染の職員の接触者として検査 長野県内は累計125人に (NBS長野放送) – Yahoo!ニュース

直接GOTOトラベル関係とは言えませんが、やはり移動を推奨した結果として、長野県でも感染の再広がりがはじまりました。今後観光地で感染が出た場合、その責任や補償はどうなるでしょう。
一方で大阪府知事が、うがい薬が感染者の感染拡大防止に役にたつと言った途端に街からうがい薬がなくなるという現象になったようですが、そもそも感染者は隔離されなければいけないはずで、直接一般には関係ないようにも思えます。それとも感染の疑いがあるならうがいをして感染を広げなくしながら頑張れということでしょうか。
そして政府は、帰省もGOTOトラベルも個人の判断で移動することで政府は止めることができないと他人事のような反応です。しかし毎回の連休後の全国の増加傾向を見てお盆後の様子を想像できないのか、それとも何も言わずに集団免疫でも狙っているのかよくわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください