SSL化で今度はWindowsLiveWriterが

サイトのSSL化はどうにかなりそうなので、次更新となったところWindowsLiveWriterが、接続できなくなりました。
どうもLiveWriteがもう古いソフトなので、現状の暗号化に対応できていないらしい。
そこでいろいろ探したら、「TLS 1.0/1.1」の無効化の影響で使えなくなったソフトが、使えるようになるかもしれない方法 というjページを発見そこにある 「.NET Framework 3.5用 TLS1.2を既定とする設定」を使うと今までどうり接続できるようになりました。

これで、お客様がLiveWriterで更新しているサイトもSSL化しても大丈夫そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください