「1日100万円 返金の動き相次ぐ」 そうじゃない

 国会議員に毎月支払われるいわゆる「文通費」。10月31日投開票の衆院選で当選した新人議員にも10月分が満額100万円支給されていたことが発覚し、自民党の茂木幹事長は党の新人議員に全額返金を求めるとしたのです。

1日100万円 返金の動き相次ぐ 「自民はやります」各党アピール(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

返金ではなく寄付、使用分での請求ではなく日割りなんてことで国民を煙にまこうとしています。
文通費が経費ならちゃんとデジタル化してすべて支払い先や金額が残るようにするという方向にならないでしょうか。
これがデジタル化推進のお手本になるようにするべきという考えを持った党や議員さんは今のところいないようです。

お祭りのご祝儀とかで領収書が出ないというのでしたら、 経費扱いしない で自分の財布から出せば良いことでそれが政治活動と思う政治家さんさらにはそのご祝儀を待っている運営がいることが今はおかしいというぐらいにならないと今の政治から変わらない感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください