緊急事態宣言 政府なお慎重

斜面の向きで白さが違う近隣の山です

 首都圏4知事が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を求めたのに対し、政府がなお発令に慎重なのは、それが政府に残された「最後のカード」だからだ。

緊急事態宣言 政府なお慎重 「専門家にも判断を」 1都3県知事要請(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

新年そうそうからこんな話題です。最後のカードが実質強制的な措置でもなく、今出しても危機慣れしてしまった都民にはあまり効果が無さそうそうだと思っているのでこれで結果が出なかったら出した政府がまた叩かれると思っているのかもしれません。しかしそれもこれまで罰則や補助金、また命令内容など改めようと動かなかった政府の責任です。

まだまだ諸外国に比べれば、1桁違う感染者数ですがこれで正月休みが終わりまた経済活動や学校が再開されたあとどうなるのか、国会は特別措置法より予算が先で改正されるのは3月以降になるという感じらしいですが、本当にそれで大丈夫なのでしょうか。

自分は今年は初詣もなく1日家にいる正月を迎えています。ゲームとアマゾンプライムで過ごしていますが、何かやはり物足りず、休み明けの仕事への切り替えがちゃんとできるかという感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください